業者の増加と注意点

棺を乗せる様子

高齢化社会に伴い高まるニーズ

身内が亡くなった際の遺品整理を業者に依頼するという方が増えています。核家族化が定着した日本では、高齢者のひとり暮らしも珍しくはありませんが、家主が亡くなった住居は遺品整理と同時に住居の明け渡しが必要です。そのため、思い出の品を整理するという意味合い以上に、家具や家電製品の撤去・ハウスクリーニングなど住居整理の作業が大半を占めるケースも少なくはありません。日本では現在急速に高齢化が進んでいることもあり、今後はこうした遺品整理業者へのニーズは高まるとみられています。遺品整理を行う遺族がいる場合でも、時間的制約や距離などの関係で業者に依頼する人が増えていることも関係し、短時間で簡単に済ませることができる遺品整理サービスの利用は増える見込みです。

業者を選ぶ際の注意点

遺品整理サービスを利用する方が増えると同時に、遺品整理を請け負う業者も増加しました。遺品整理を専業として行う業者のほか、引っ越し業者や不用品回収業者なども同様のサービスを始めています。業者数が増えたことで価格競争が進み、より低価格で利用できるサービスが増えたことは利用者にとって喜ばしいことですが、悪質な業者も少なからずいるため注意が必要です。たとえば、予定にはなかった作業を勝手に行い、その分の費用を請求されたという事例も報告があります、そもそも見積もりとは全く異なる金額を請求されたというトラブルも発生しています。こうしたトラブルを防ぐためには、予め費用をきちんと確認し、当日作業に立ち会うことも重要です。また、専門資格である遺品整理士の有資格者によるサービスを利用するという方法もあります。

Copyright(c) 2015悲しみ引きずらないスムーズ遺品整理|サービス利用で解決. All Rights Reserved